うつ診断で症状をチェック|心の病をよく知ること

ストレスが原因の病気とは

レディ

長期に渡って心身の不調が続いているという場合、ストレスが原因で発症するうつ病の可能性が考えられます。うつ病は症状が進行することによって自殺願望が強くなったり、日常生活にも支障を来すことがあります。早めに正確な診断を受け、適した治療を開始することが症状改善の一番の近道となるのです。

More Detail

飲む薬と言葉の薬で治す

男性

気分の落ち込みが長期間続くようならうつ病の可能性があります。喜びの感情や物事への興味がなくなったり、食欲不振や不眠といった症状が見られるなら可能性は濃厚です。心療内科や精神科を受診してうつ病と診断されても、薬物療法や心理療法の治療を受ければ、医師の言葉が何よりの薬となって症状は改善に向かうものです。

More Detail

病気をよく知ること

女医

症状による病名の違い

うつ病は気分障害の1つであり、その名の通り気分が落ち込んだりやる気が出ないなどのうつ状態が続く時に診断される病気です。一般的に認識されているうつ病は大うつ病性障害といい、近年患者数も増加しています。それより症状が軽いものは気分変調性障害という病名が使われ、区別されています。その他に同じ気分障害でうつ状態がある病気に双極性障害があります。双極性障害はうつ状態と、気持ちが高まり活動的になる躁状態を交互に繰り返す病気です。双極性障害にもうつ状態が見られるということと、うつ状態から症状が始まっていく場合が非常に多いことから、診断の際にはうつ病との区別が難しいという面があります。患者や周りの人々にとってもこれらの病気の違いが明確に分かっていないと、気分が落ち込む症状が特に目立つからうつ病だと思い込んでしまうことも少なからずあることと考えられます。さらに双極性障害にはうつ状態が長く続くと共に躁状態ではなく軽躁状態が現れる双極II型障害という種類があり、この場合には特にうつ病との違いが分かりづらくなってしまうことが考えられます。医師が診断を行う際には問診で患者の日々の状態を患者本人かその家族から聞き取っていきます。診断を行う際にこの問診がもとになりますので、躁状態が少しでも見られる時には医師に伝えることが重要です。自分の体の変化に気付くことは闘病中の患者にとってはなかなか難しいことかもしれません。時には家族や周りにいる人々の力を借り、細かい様子を観察してもらうことも大切です。

病状を正確に把握する工夫

うつ病と双極性障害では治療に主として用いる薬に違いがあります。その為、本来は双極性障害であるにも関わらずうつ病との診断を受け、その治療を行っていると病状の改善が見られない可能性があるばかりか、症状が悪化してしまうこともあり得ます。双極性障害がうつ病と異なる点は躁状態が見られるか見られないかということですが、躁状態の時には患者本人が体の調子が良いと思っている場合も多い為、病気の症状であるということが認識されないままになり診断を受ける前の問診において把握されないということが起こる可能性があるのです。このようなことをなるべく避けるようにしないと病気の悩みからいつまでも開放されない状態が長く続く恐れがあります。適切な治療を受ける為には病気について知識を深めることももちろん大切ですが、細かい体の変化に気付くようにする工夫が必要です。例えば、日々の体の様子について日記をつけることを習慣づけておくと自らの病状を客観視することに役立ちます。人間の記憶というものは非常に曖昧な面がありますし、時間が経つと忘れてしまうことが誰にでもあります。記憶のみで自分の病状を把握することには限界がありますので記録を取って管理していくのです。そうすることにより、もし躁状態が見られたら日記の内容をもとに医師に相談することも可能ですし、自分の記憶だけでは伝えられないより正確な情報を医師と共有することができます。このように日記に限らず自分に合った方法で病気と向き合うようにすると良いと思います。

精神状態が分かるテスト

スーツの男性

うつ病はストレスが蓄積されることで、症状が徐々に出てくるようになります。早めに治療に取りかかることで体や心を楽にさせていくことができるのですが、症状に気付かない人も多いです。この場合、うつ病の診断テストを受けていくことで今の状態を示してくれるので、疑わしい場合は治療を受けるきっかけにもなれます。

More Detail